ケアプロストの効果・副作用

ケアプロストはとても効果的なまつげ用美容液です。いろいろまつげ用美容液がドラッグストアなどで販売されていますが、いまいち効果が期待出来ないものが売られているのも事実です。やはり医薬品として認可を受けていないから信用出来ないものもあって当然と言うところでしょうか。

 

ケアプロストはアメリカのFDA(米国食品医薬品局)で2009年に認可を受けている、多くの欧米人が安心して使用し続けているジェネリック医薬品です。

 

なぜケアプロストにそのような効果が期待出来るのかと言えば、もともと緑内障の患者の眼圧を下げる為に治療に使用されており、ビマトプロストという成分が大変効果的であることは以前より知られていることなのです。たまたま副作用によってケアプロストにまつげ育毛の効果が期待出来ることが判って来ました。それは毛包を刺激することによってまつ毛が太くなる効果を発揮します。更に成長期を延長させ、メラニン生成を活性化させます。しかしケアプロストはとても効果が期待出来るものゆえ私達は副作用の問題もしっかり警戒して正しい使用の仕方をしていかなければなりません。

 

そもそもまつげ育毛の効果も副作用のようなものなのです。ケアプロストの中で一番注意をしなければならない副作用は色素沈着と言われています。もしもそのような症状が出れば使用を3日ほど中止してください。やがて再びもとの肌色へと戻って行く筈です。ドライアイになることも指摘されています。まつげ以外でも液が浸みこみ毛が濃くなるという症状も起こっています。